プロフィール



前田 見知子 (まえだ みちこ)

 テキスタイルデザイナーを経て、1983年 薬師山美術研究所を立ち上げ、以降子どもアトリエと一般絵画のアトリエで教える。ガラス絵作家としての活動を展開。近年はアップリケの作品や、パステル画など、新しい表現方法でも創作中。

中井 敦子 (なかい あつこ)

広島大学教育学部卒業。
京都の薬師山美術研究所・子どもアトリエで教える。

絵画造形・ことばの創作を楽しめる場所としてのアトリエを展開する。イベントや個人宅での出張アトリエも開講。


挿画・装画イラストレーターとして活動。
●主な仕事
『ち・お』111号〜現在(季刊/ジャパンマシニスト社*サイト内もイラスト担当
『SUNSUN FES.』2014〜現在 イメージキャラクター(ナントカと猫企画)*サイト内もイラスト担当
『発達』こどもの情景(季刊/ミネルヴァ書房)
空気の授業』(柳澤幸雄著/2019/ジャパンマシニスト社) など


また、からだとあたま、こころのつながりのアート(技術)としてのアレクサンダー・テクニークも教えている。
アレクサンダー・アライアンス・ジャパン卒業:JATS日本アレクサンダー・テクニーク協会会員/アレクサンダー・テクニーク教師)